転院の流れ

医者と相談セカンドオピニオンは転院とは違います。主治医と患者が納得して治療に取り掛かるための手段の一つです。今の主治医が信頼できない、相性が合わないからとセカンドオピニオンを受ける人がいますが、これは原則から外れています。セカンドオピニオンの利点は、より納得して治療に専念できる事です。医者は患者の命を預かり、患者は医者に命を預けます。お互いに信頼関係がなければ充分な治療効果は望めません。

セカンドオピニオンは治療も検査もしません。あくまでも、現在の治療に対して別の医者の意見を聞くだけのものです。その結果今とは違う治療方法が提案されても、すぐに転院を勧めるものではありません。違う治療方針が提案されたら、それを主治医に伝え、治療方法の再検討をお願いするのが本来の流れです。

その上でどうしても意見が合わない場合になって初めて、転院を検討する事になります。転院の流れはクリニックにより若干の違いはありますが、殆どの場合は紹介状が必要になります。ここには今までの検査結果や既に行っている治療などの情報も書かれますから、転院後スムーズに治療を開始するために必要です。しかし転院は治療が遅れるリスクもありますから、主治医が必要だと判断した時以外は避けた方が無難です。


関連記事

  1. クリニックに不安なら
  2. 予約と必要書類
  3. 対象者と事前準備